Pマーク取得に関わる費用について

  • Pマーク取得に関わる費用について

    • Pマークを取得するには、当然のことながら費用がかかります。



      取得推進のためのプロジェクトチームに対し、勉強の機会や外部の専門家と契約して助言をあおぐなどの間接的な費用もかかってくるのですが、まず承認のための審査にあたっての直接的な費用もかかります。

      審査にあたっては、企業規模に応じてその金額が変わってきます。

      Pマーク取得に関連した情報が掲載されています。

      具体的には以下の通りです。・申請料:企業規模にかかわらず50、000円・審査料:小規模事業者は200、000円・中規模事業者は450、000円・大規模事業者は950、000円・Pマーク使用料:小規模事業者は50、000円・中規模事業者は100、000円・大規模事業者は200、000円・合計金額:小規模事業者は300、000円・中規模事業者は600、000円・大規模事業者は1、200、000円さらにマーク使用の期限は2年間であるため、2年毎に更新審査を受けなくてはなりません。

      そのための費用は以下の通りです。

      これだけは知っておきたいガジェット通信に関する情報を提供中です。

      ・申請料:企業規模にかかわらず50、000円・審査料:小規模事業者は120、000円・中規模事業者は300、000円・大規模事業者は650、000円・Pマーク使用料:小規模事業者は50、000円・中規模事業者は100、000円・大規模事業者は200、000円・合計金額:小規模事業者は220、000円・中規模事業者は450、000円・大規模事業者は900、000円このように高額の費用がかかりますので、Pマーク取得の取り組みも、単に取得のみを目的とするものではなく、味のある取り組みにしなくてはなりません。

  • 関連リンク

    • Pマークの取得は企業が自分で申請を出しても、書類がしっかり揃っているのであれば問題なく受け付けてもらえます。しかし現在だとPマークの取得をサポートしているコンサルティング会社も多くありますから、そうしたところを利用するのも十分検討できるでしょう。...

    • Pマークは現代の企業に於いては顧客の信頼を得るためには必要なものと言えます。顧客情報は企業が商品を販売する上では販売戦略を立案したり、適切なプロモーションを行う為には非常に重要な情報で有ると同時に、大切な財産でも有り、これを適切に維持管理していることを示すPマークは、企業にとっては非常に重要なものであると言えます。...