Pマーク取得に関わる費用について

  • Pマーク取得について

    • Pマークとはプライバシーマーク制度のことで、個人情報を適切に取り扱うことができる企業や団体を審査・認定することで、「一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」が行なっています。

      朝日新聞デジタル情報の理解したいならこちらのサイトです。

      これに認定された事業者のみがPマークの使用を認められています。
      Pマークを取得できるのは、国内に活動拠点のある法人単位なので、グループ企業などは1社ごとに申請をする必要があります。

      従業者が1名だと申請できないので注意が必要です。

      それから、申請前に個人情報の取り扱いで事故などがあると申請できないこともあります。

      Pマーク取得の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

      申請前の準備としては、PMSの構築・明文化・社内での周知・運用監査・代表者の見直しが必要です。


      簡単に言うとマネジメントシステム原則に基づいて計画を作成して、実施をしてみて問題がないか点検し、見直しをしておくことです。

      取得をするのに参考となる資料として、協会のサイトにプライバシー制度について具体例などを使い細かく解説してあるページがあります。
      書籍では「JIS Q 15001:2006をベースに個人情報保護マネジメントシステム実施のためのガイドライン」というのが協会から出ているます。事業所を管轄する各省庁ごとに個人情報の保護に関するガイドラインがあるので一度目を通しておくといいでしょう。



      取得についてわからないとこがあれば、協会にPMS構築相談室が常設してありますし、業種や本社所在地によっては、各審査機関が相談窓口を開催していることがあるので利用してみるといいでしょう。

  • 関連リンク

    • Pマークの取得は、今や企業にとって必須課題の一つになってきています。この取り組み自体利益を生まないと考えている経営者も未だいるようですが、商取引においてはPマークの取得が出来ていることが条件になるとする企業も増えてきています。...

    • Pマークとはプライバシーマーク制度のことで、個人情報を適切に取り扱うことができる企業や団体を審査・認定することで、「一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」が行なっています。これに認定された事業者のみがPマークの使用を認められています。...