Pマーク取得に関わる費用について

  • Pマーク取得のためのコンサルティング契約

    • Pマークの取得は、今や企業にとって必須課題の一つになってきています。この取り組み自体利益を生まないと考えている経営者も未だいるようですが、商取引においてはPマークの取得が出来ていることが条件になるとする企業も増えてきています。

      ビジネスチャンスを逸することがないように、取得推進に励みたいものです。
      Pマーク取得には、この問題に知識が深く洞察力のある個人が責任者となってプロジェクトチームを編成して推進するのが基本です。ただし取得のための勉強、社内での啓蒙、文書体系の構築、模擬審査などの実務には、コンサルティングのサポートを受けるのが効率的ですし早道です。コンサルティングを行なう専門家は、審査の実際について深く理解していますので、そのプロジェクトチームの取り組みに関しては、何が足りないか、どういう方向で進めるべきかなどの専門的な知見を持っています。



      コンサルティングの会社と契約するにはそれなりに費用がかかりますが、Pマークの取得を実のあるものにするためには、早い段階でコンサルティングを受けるようにして、方針を決める所から助言を受けるべきです。
      何事も途中からの軌道修正というのは、難しいものです。
      特に中小企業の場合は、推進責任者プロジェクトチームのメンバーも、この問題に特化できるということは普通あり得ません。

      魅力の高いPマーク取得はかなり有益な情報が揃っています。

      多くの実務を抱えながらの参画になりますので、時間的な制約が大きくなります。

      そのため経営者は、Pマーク取得推進のためにプロジェクトチームには権限を委譲して優先課題であることを社内に周知させ、コンサルティング契約に関わる費用発生に関しても十分な理解を示さなくてはなりません。

      教えて!goo情報が絶対見つかります。

  • 関連リンク

    • Pマークの取得は、今や企業にとって必須課題の一つになってきています。この取り組み自体利益を生まないと考えている経営者も未だいるようですが、商取引においてはPマークの取得が出来ていることが条件になるとする企業も増えてきています。...

    • Pマークとはプライバシーマーク制度のことで、個人情報を適切に取り扱うことができる企業や団体を審査・認定することで、「一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」が行なっています。これに認定された事業者のみがPマークの使用を認められています。...